善玉菌を増やすにはビフィズス菌や乳酸菌だけじゃダメ?オリゴ糖は必須!

例えば旅行中など生活環境の変化で便秘になってしまったという様な一時的なものと違って、慢性的な便秘で悩んでいるヒトの腸内は悪玉菌が増加して腸内の細菌バランスが乱れた状態になっています。 便秘になると腸内に便が長く留まる影響で悪玉菌が増えてしまうのですが、悪玉菌が増えると腸の動きが悪くなり便秘が悪化するという恐ろしい悪循環に陥ってしまうのです。 便秘と悪玉菌の多くなってしまった腸内のバランスを改善するには、善玉菌を増やす事が大切になります。 しかし、善玉菌を増やすといってもどうすれば効果的に増やす事が出来るのでしょうか。 また、そもそも善玉菌とは何なのか実は良く知らないというヒトもいるのでは? 善玉菌とは何なのか?どうやって増やす事が出来るのか?そしてそんな善玉菌と関わりの深いオリゴ糖との関係についてみていきましょう。

■善玉菌ってなんだろう?

善玉菌は、乳酸菌とビフィズス菌の2つに分ける事が出来ます。そして乳酸菌もビフィズス菌も更に細かく何種類にも分ける事が出来るんですね。 善玉菌=乳酸菌というイメージがありますが、実は乳酸菌は善玉菌の0.1%未満で残りはビフィズス菌が占めているのです。 この2つ善玉菌は腸内を酸性に保ち、有害な菌を殺菌してやっつけてくれるいわば腸内のヒーローの様な存在となります。

■ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を食べるだけじゃダメ?

ビフィズス菌や乳酸菌を増やすためには、これら善玉菌の多く含まれたヨーグルトの様な食材を食べると良いと言われていますね。 確かに善玉菌を食事から摂りいれる事は有効的な手段なのですが、それだけでは効率的ではありません。 ヒトや動物が栄養(エサ)がなければパワーが出ないのと同じ様に善玉菌もエサがなければ十分な力を発揮する事が出来ないのです。 だから、いくらビフィズス菌や乳酸菌を補ってもそれだけでは便秘も改善しませんし、腸内の環境も上手く整わないのです。

■善玉菌のエサとなるオリゴ糖も必須!

善玉菌の99%を占めているビフィズス菌、そしてそのビフィズス菌をサポートしてくれるのが乳酸菌です。 そして、乳酸菌よりも強力な殺菌効果のある酢酸を生み出すビフィズス菌のエサとなってくれるのがオリゴ糖です。 オリゴ糖を補うことで腸内でビフィズス菌がやっと活躍する事が出来るようになります。 オリゴ糖は、玉ねぎやゴボウ、大豆やハチミツ、テンサイトウなどに含まれています。色んなものに含まれているオリゴ糖ですが、その含有量は少ないため効率的にオリゴ糖を摂取するために、天然の食材から抽出されたオリゴ糖商品が人気となっています。 腸内の善玉菌を増やしたいのなら、ビフィズス菌・乳酸菌と共にビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も積極的に摂取しましょう。